メリットやデメリットなどを踏まえたクレジットカード現金化について

難しくないフェイシャルエステ > 現金化 > メリットやデメリットなどを踏まえたクレジットカード現金化について

メリットやデメリットなどを踏まえたクレジットカード現金化について

2017年1月 8日(日曜日) テーマ:現金化

現金が必要になった場合は、カードローンや消費者金融を利用して現金を借りるという方法があります。
これらの方法では、勤め先や年収や家族構成などを伝える必要があって審査が厳しいです。
また、クレジットカードのキャッシング枠に残高があれば、限度額までカード会社から現金を借りることができます。
このキャッシング枠は少ないので、まとめて使ったり何回も使ったりするとすぐに限度額に達して使えなくなります。
このような場合にショッピング枠が使えれば、後からカード会社に代金を支払うという形で現金を使わないで商品を購入することができます。
ショッピング枠を利用すると、購入した商品を買取店などで売却して現金を得ることができます。
これをクレジットカード現金化といい、自分で行う方法と業者に依頼する方法があります。
自分で行う場合には、上手に行えば高い換金率を得ることができます。
プレミアの付いたゲーム機や人気の商品券などは特に換金率が高くなります。
ただし、カード会社の転売を見破る技術が向上しているので、換金率の高い商品をまとめ買いするとカード利用停止になるリスクが高くなります。
したがってそのようなリスクを減らすためには、業者に依頼してクレジットカード現金化を行った方が良いです。
業者に依頼する場合には手数料が別途かかるので最終的な換金率が70~80%程度になります。
即日で現金を得られることも多いので便利ですが、手数料が結構高額なので計画的に行うことが大切です。

優良店を見つけられるサイト:ビックギフトの口コミはこちら